夢に感謝…情熱を絶やさない男の独り言!大石サイディングPR!


by h_ohishi
カレンダー

<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

8月9日土曜日

今日は昼から事務所の壁を張ってました!!

f0171278_18345268.jpg


またまた友達の大工さんに間仕切りしてもらって、

f0171278_18355117.jpg


こんな感じで張りました。

明日には完成です。



今日足場を解体した現場ですが、

雨の当たる開口部の施工はこんな感じがベターかなと思います。

f0171278_18392239.jpg


同質部材での施工も見栄えはいいのですが、

やはり、鉄のほうが安心です!!




この頃外食が多くて、1人だと必ずラーメンを食べます。

最近ラーメン大好きになりました。

前々からおススメしてます自由多夢(フリーダム)のラーメンです。

f0171278_18443289.jpg


野々市布水中の近くで、本当に美味しいです。

なによりマスターがイキイキしてて元気もらえますょ!!

一度ご賞味あれ(笑)
[PR]
by h_ohishi | 2008-08-09 18:46 | 日記

8月8日金曜日

暑い、熱い、暑いですね(泣)

今日も興味深いメルマガが届きました。

ご紹介します。


=========

「目は心の窓である」

経営コンサルタントの田中氏が駆け出しの頃、建材屋のE社より社員教育を依頼され、

同社を訪問した折のことです。

事務所に足を踏み入れた田中氏は、大きな声で「東京のコンサルタント会社より参りました、

田中です」と挨拶をしました。すると奥に座っていた専務とおぼしき人物が、
「いらっしゃい」でも「お待ちしていました」でもなく、田中氏の顔をじっと見つめ、

「わしはあなたを好きになれそうにないな」と言ってのけたのです。

田中氏は売り言葉に買い言葉のごとく、即座にこの言葉に反応し、

「私も専務さんを好きになれそうにないので、月一回おじゃまする日が決まりましたら、

その日は席をはずしていてください」と言ったのです。

一瞬、気まずい空気が流れましたが、その後、専務の姿をじっと観察していると、

専務は自分と共通の性格の持ち主だと気づかされたのでした。専務は時々、

社員に向かってダジャレを発します。すると社員の間に笑いが起きるのですが、

ダジャレを発した専務は声を出して笑っても、目は笑わないのです。

田中氏も当時、親しい人から「田中君、きみはおもしろいことを言うが、目は笑わないね」

と指摘されていました。それというのも、氏は自分の言葉に人がどのように反応するかを

常に推し量っていたからです。

文豪・吉川英治は、「人生は目と目の対決である」という名言を残しました。

また、諺や譬えの中では、目に関するものが一番多いと言われます。

一種の驚きを表現する言葉で「目を丸くする」といいます。予想もしていなかった出来事や

話を耳にして驚いたさまです。「目を吊り上げる」という言葉もあります。心の

中に怒りが込み上げてきた状況です。「目尻を下げる」とは、手放しで嬉しくて

たまらないときなどを表現します。時々、田中氏と付き合いのある経営者から、

突然、携帯電話を突きつけられ、「先生、これ内孫です。かわいいでしょう」な

どと言われると、これが普段、社員よりワンマンと煙たがられている人物かと驚

くこともあります。

「わしの目の黒いうちは…」と相手に圧力をかけるときがあります。まだまだ他

の者に思い通りにさせぬということです。これら以外にも「目を皿にする」「目

の中に入れても痛くない」「目は口ほどに物を言う」「目にかどがある」など、

数限りなくあります。

その時々の心の動きが、手に取るように目に表われるのが人間だといわれま

す。心に不安や心配があるとき、怒りがあるとき、相手に対して敵意を抱いてい

るとき、嫉妬に捉われているとき、感謝と歓び一杯に充実しているとき等、その

折々の心の動きがストレートに表われるものです。総じていえば、「目は心の

窓」という言葉に集約されるでしょう。

心が強い人間は目に力があります。目に力のある人間は活力に溢れています。

充実した気力・体力は目に出ます。常に目の輝きを保つことができなければ、経

営者としての厳しい責務を乗り切っていくことはできないことを心すべきでしょう。

さて、かつてはいつの時も目が笑っていなかった田中氏。しかし最近では、「そ

の時その場を思いきり楽しめば、目はおのずと笑う」ということを実感している

ようです。


==========


確かに思い返せば、

活力にみなぎった人には、

魅力的な目力がありますよね。

僕もそんなギラギラした好青年へと大改造中ですので、

皆様お楽しみに(笑)
[PR]
by h_ohishi | 2008-08-08 19:45 | 日記

8月7日木曜日

一歩、前に進めば

百歩、前に進むことができる

まず、一歩




というわけで今日も前に進んでおります!

暑いですねぇぇ(泣)

昨日友達とノンアルコールで夢を語りました。

夢を再確認できました。

昼夜あっちこっちいってると、

自分がどこにいるのかわからなくなり、

天狗になったり、落ち込んだり、

自分を見失うときがあるのですが、

そんな時は、親父に言われた言葉を思い出します。



「英樹!車のナビは何ですごいかわかるかぁ?」

「それはなぁ、現在地がわかることなんだよ!!」

「前ばかり見るのもいいけど、足元すくわれんなよ!」

「自分を見失うなよ!!」



1年前に言われたことですが、当時はグサッと刺さりました。

暑い中、忙しい中、つい見失ってしまいそうになったら、

そのとき都合のいい友人や先輩を呼び出し、

思いっきり語ってみるのはいかがでしょう。

ミッション、ビジョン、夢や目標、

見失いそうになったら本気で語り合いましょう!!
[PR]
by h_ohishi | 2008-08-07 16:07 | 日記

8月6日水曜日

さあ、はじめよう!


過去に何があっても

今日は

未来への初日だから




というわけで今日も徹夜です。

ゲリラ豪雨で関東が困惑ですね(*_*)

今日は「地域1番店の作り方」を勉強してきました。

「気付いていないだけで、大企業より中小企業の時代がきた!」と、わかりやすく、ローカルだからできる、中小企業だからできる事がいっぱいあると説いてくれました。

私たちは『売る』事の追求が必要なんだと実感しました。

薄っぺらい企業経営ではダメなのです。

ということで、


==========


「我が社の使命はいったい何なのか」


経営者像やリーダーシップが論じられるとき、たびたび「使命感」が取り上げられます。

よく話題に上るのは、その事柄がこのうえもなく大切だからです。

今号では、大事業家として日本経済をリードした松下幸之助氏にスポットを当て、

「トップが使命感を持つ」ことの大切さについて改めて確認しましょう。

松下氏が事業を始めた頃、氏は経営について大いに悩んだといいます。

いったいどう進めていけばよいか、見当もつかない。

商売で金儲けをすることに、後ろめたさも感じる。自分が儲かることで、

潰れてしまう者も出る。悩める日々の連続でした。

そんなとき、知人がある宗教の信者になることを勧めてくれました。

とにかく熱心なため、松下氏はその宗教の本部だけでも訪ねてみることにしたのです。

実際に行ってみると、巨大な本殿があり、そこにはイキイキと無償で働いている信者の姿がありました。

松下氏は驚き、そのエネルギーに圧倒されました。

「どうして宗教はかくも力強く、盛大なのか。心の教えが大切なのはわかるが、

人間の幸せには物も必要だろう。にもかかわらず、こちらは倒産を心配したり、

金儲けに駆けずり回っていると軽蔑されて、クヨクヨするばかりだ。なぜなのか…」

帰りの電車でいろいろ考えた末、松下氏はハッとあることに気づきます。

以下はPHP研究所の江口克彦氏が、松下氏から直接聴いたという言葉です。




それは商売に使命感がないからや。宗教には人間を救うという大きな使命感がある。

それや、それなんやと思った。いまのままではいくら熱心に経営を行っていても、

力強い活動は行われない。それでは、商売をするものの使命はなにか。

貧をなくすこと、貧をなくすことがわしらの使命なんや。

そこで悟ったんやな、わしなりに。そしてこれがわしの経営を進める基本の考え方になった。

そういうことがあって、わしは自分の仕事を一段と力強く進めることができるようになったんや。

(『人徳経営のすすめ』PHP研究所刊)

経営者に使命感が必要なのは、それがなければ自分を支えられないからです。

どこに向かい、何を目指し進めばよいかが不明であれば、自分自身が不安であり、

そして、そんな上司には部下も安心してついていくことはできません。

進むべき方向を自覚し、部下にしっかりと指し示すことで、部下は共に歩み、

今よりももっと熱心についてくるようになります。使命感を持つに至るプロセスは、

人さまざまであり、また一度持てば、それで済むというものでもありません。

江口氏は、使命感に到達するポイントは、松下幸之助氏のように悩み抜き、

考え抜くことだと言っています。

事業経営には、苦しく悩ましいことも表出してきます。その中で試行錯誤を繰り返し、

「使命感」をさらに磨き高め、自身も会社も成長させていこうではありませんか。


============

やる気がわいてきますね!!

明日は久しぶりにモーニングセミナーに行きます!
[PR]
by h_ohishi | 2008-08-06 02:59 | 日記

8月1日金曜日

お知らせで~す。

いよいよ明日はじょんから祭りです。

青年部員の皆様は一生懸命祭りの準備に追われています。

僕は昨年同様、全然手伝いにいけませんでしたが、

徹夜してなんとか、今週の仕事も片付けました。

なので、当日2日間は朝から晩まで働きます!!

じょんOH!!からコロッケも無料配布だそうです。

野々市じょんから祭り名物になると思います。

実は24日の北國新聞に僕が写ってます!!(じょんOH!!からコロッケを持って)

昼夜現地にいますので、お時間のとれる方はぜひご来場ください。

f0171278_1994215.jpg




先日、お客さんの事務所へ集金に伺うと、

社長さんに「おもしろいブログ書いてるな!!」って言われました。

まさか見てくれているとは…

ビックリしました。驚きでした。

その社長は若き経営者で、ぐんぐんと実績を上げ、

今では県内でもトップクラスのホームビルダーへと成長を遂げています。

本当にすごい社長で、とても勉強になります。

僕が社長から一番学ばせていただいているのが、

「優しさ」です。

とにかく優しいんです。

日々忙しそうに、リスクを背負い、激動の建設業界の中で、

すごく優しい。自分以外の幸せを考えているように思えます。

奥さんも一緒に仕事されているのですが、

誰に対しても優しいんです。社員さん、取引業者や、お客さん。

みんな幸せそうに仕事をしているように見えます。

そんな社長と仕事ができて、僕はとても幸せです。



8月も忙しくなりそうです。

とりあえず明日はじょんから祭りに全力です!!
[PR]
by h_ohishi | 2008-08-01 19:11 | お知らせ