夢に感謝…情熱を絶やさない男の独り言!大石サイディングPR!


by h_ohishi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

vol.91 恵みの雨

実は昨日髪を切ったのですが、

誰も気づいてくれません…

「自分から髪切ったんです!!」

というと、

「あぁ~確かに言われてみれば髪切ったねぇ」

って感じです(>+<)

あんまり変化がないんですね(笑)

こんな熱いメールをご紹介!!

メルマガで届きました。

=====

【ワクワクするかイライラするかは自分次第】

子供は写真を撮られることを喜びます。

しかし大人になると、

「ちょっと、今はやめて」

「私は写りたくないわ」

などと、写真を撮られるのを嫌がる人がいます。

そうなるのはいつごろからだと思いますか?

それは、雨降りの日に水たまりをキックしなくなってからです。

子供は雨が降ると、

傘をくるくるまわしたり、

口を開けて雨粒を飲もうとしたり、

長靴で水たまりをパシャパシャとキックしたりします。

あの雨の日の水たまりをキックする、

そのピュアな気持ちを忘れてはいけません。

夢を叶えていく人というのは、

少年や少女のときのワクワク感を忘れていないのです。

雨降りの日。

子供は、「今日は雨だ。何をして遊ぼうかな?」と連想します。

しかし大人は、何だかうっとうしくてマイナスに感じてしまうものです。

どちらの考え方がいいとか悪いとか、

そういう問題ではなく、

どんなことでも「考え方次第」というわけです。

ワクワクするか、イライラするかは自分次第なのです。

古人はこういうメッセージを私たちに残してくれました。

『人生は、心ひとつの置き処』

うまくいってる人は、週のスタートが雨でも、

それを「恵みの雨」ととらえます。

反対にうまくいってない人は、「うっとうしい雨」と感じます。

要は感じ方だけなんですけどね。

【子供の頃のワクワク感を忘れないでいると、夢が現実になる】

=====

僕は外仕事なので、雨が嫌いでした。

うっとうしい雨って思ってました。

うちの子供も雨が降ると、お気に入りのカッパと、かえるの長靴が履けると喜んでいます。

傘を振り回します。水たまりを「それぇ!!」とキックします。

ところが僕は「危ない」、「服が汚れる」などと子供の心を、

子供のワクワク感を、奪っていました(泣)

深く反省です。

これからは雨が降っても思いっきり遊びたいと思います!!
[PR]
by h_ohishi | 2008-09-18 15:58 | 日記