夢に感謝…情熱を絶やさない男の独り言!大石サイディングPR!


by h_ohishi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

倫理法人会

f0171278_2234551.jpg

「子供が髪切ってめっちゃかわいい!」

「この幸せを永遠に守りたい!」

でもうまくいかないことも多い…

そんなとき、このメルマガ見て元気出ました。


=====


街が蘇った。
店が繁盛した。
荒れてた学校が落ち着いた川が海が綺麗になった。

奇跡が起こる場所には、共通点がある。

それは、必ずそこには一人の本気汁120%の人がいるねん。

みんなで頑張ろうじゃないねんなぁ、これが。

私はたった一人でもやる。誰になんと言われてもやる。

自信がなくてもやる。

決めていることは、絶対にあきらめないってこと。

どんなにつらいことがあってもあきらめない。

それを

「腹をくくるとランプがつく」

って言うてるんや。人は豆電球みたいなもんや。

ただただ生きているだけでは、電球はつかない。

でも、腹をくくると、スイッチオンで電球がつく。

すると、「あそこ光ってる」て人や神が集まってきて、力を貸してくれるようになるんや。

安永のおっさんの口癖は、「やるんやったら腹くくれよ~お前の中に迷いがあったら、力を貸したくても、力になられへんねん」

「それは、デパートの自動ドアみたいなもんや」

「立派なデパートがあってもな、ドアが空いてなかったら入られへんやろ、お前が迷ってると、自動ドアが開いたり閉まったりしてる状態や」

「危なくて入られへんがな、力貸されへんねん」

「お前が無理って思ったらドアが閉まってる状態や、神々は無理やりドアを開けたりせーへん」

「お前さんが無理って思いながら、神様助けてって言われても、助けることは残念ながら無理やねん」

「お前さんが腹をくくったら、ドアは開いてみんなが入れる、力になれる」

「人間はいつも勘違いしてる、自分は駄目な奴やと勘違いしとる、いつもわしらはアホやなぁって見てる。」

「ええか、一人一人みんなデパートじゃ、お前さんの中にはすでに素晴らしいもんがいっぱいじゃ。」

「なんでうまくいかないか、それはお前さんが腹をくくってないからじゃ、扉が閉まってるだけじゃ。」

「人間は変わりたい変わりたいと言う、わしは120%の愛を込めて言いたい。」

「アホか~」

「変わる必要なんかあるかい、お前さんはお前さんの素晴らしさに気づいてないだけじゃ、お前さんはなんも変わらんでええ~」

「ええか、今度は150%の愛で言うで~腹をくくってみぃ、今、やってること、これが天職じゃ~って腹をくくってやってみ~」

「どれだけやってもベストをつくせないなら、仕事を変えたらいい、でもな、今、ベストをつくさんと、次のこと考えてても、また、同じことのくりかえしじゃ。」

「今、腹くくってベスト尽くしてみ~今から3ヶ月、数字なんか見るな~。結果なんてハナクソにとらわれるな」

「ただただベスト尽くしてみ~」

「ええか、今日は神様を代表させてもらって言わしてもらうぞ」

「わしらはお前さん達が好きで好きでしょうがない。」

「かわいくてかわいくて、しょうがない。いつも、そばで声をからしながら応援してる」

「お前さんが悔しくて悔しくて泣いた時、お前さんの担当の神さんは、お前さんと一緒に悔しがって泣いたし、一緒に悲しみの涙を流し、お前さん以上に胸を苦しめた」

「なんで、そんなにお前さんのように一緒に苦しいかわかるか?それはお前さんのことをとことん愛してるからや」

「それだけは言うとく、お前さんのこと、たまらなく愛してる」

「腹くくれ、ならば力になれる」

「愛してるぞ~」

=====


とても素敵な神様代理ですね(^O^)

先日僕は倫理法人会へ入会しました。

毎日モーニングセミナーへいくために早起きする。

朝が弱い自分自身への動機付けには最高です。

これからも学ぶ姿勢で、燃え上がる情熱を持ち、さらに腹くくって生きていきます!

明日はテルメです!
[PR]
by h_ohishi | 2008-06-22 22:34 | 日記