夢に感謝…情熱を絶やさない男の独り言!大石サイディングPR!


by h_ohishi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

号外

いい話しを見つけちゃいました(>_<)

泣けちゃいます(>_<)

====
10年前の話
妻が他界してから1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。

そんな矢先、息子の幼稚園の運動会があった。


“ママとおどろう”


そんなタイトルのプログラムがあり、園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。

「まぁ、行くよ♪」

娘が言った。

息子も笑顔で娘の手をとり、2人は楽しそうに走っていった。

隣にいた母が言った。

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、

正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたの。

そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、

「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?

本当はパパだって、とってもさみしいの。

だけど、パパは泣いたりしないでしょ?

それはね、パパが男の子だからなんだよ。

まぁも男の子だよね。

だから、大丈夫だよね。

お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから」

そう言っていたのよ。


娘が私の代わりにこの家を守ろうとしている。

場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。


10年たった今、娘にどうしても伝えたいことがある。

「支えてくれてありがとう。

君は最高のママだったよ。

私にとっても、正樹にとっても。

ありがとう。」

====
[PR]
by h_ohishi | 2009-11-11 15:05 | 日記